コラム

【まちの未来の予測術】まちなかの機能を再設定する。

2016.12.7

中心市街地の活性化
というと商業機能が
一番に注目されてしまいます、、、
 
そして良くある批判といえば、
商店街に買いたいものがない!!
空き店舗に新しいお店が入らない!!
昔の繁栄は二度と再現できない!!
(昔を再現しようという発想が既にダメな発想ですね。。。)
 
従来市街地=商店が集まるところでした。
まだ生活の多様化がすすんでいない時期は
外出大きな理由の1つが「買物」でした。
 
しかし時代は流れています。
 
現代の我々の生活をふり返ってみますと
どうなっているでしょうか。
 
買物は→
立ち並ぶ個店をめぐる商店街から
ショッピングモールやインターネットで済ませるように
 
地域活動は→
自治的活動の求心力が弱まり
もっと自由な立場から
共通の価値観による社会的活動や
趣味や学びを共有する活動が主流となり
 
音楽をめぐる消費は→
CDの売上額は年々減少する一方、
野外フェスティバルでライブを楽しむ人は増加し
 
余暇時間や消費のスタイルは
多様な体験セット型に益々シフト中。
 
多様な価値観の数だけ
まちなかの多様性も
求められている。
 
店舗は複数の工房でシェア、
飲食店の奥が料理教室でも良い、
買い物や食事を楽しむだけでなく
さまざまな活動のために居心地よい場所があり
訪れた人も住んでいる人も
言葉を交わしあう
 
そんな新しい市街地の機能。
 
固定概念から離れると、
まちなかの新しい機能のアイディアが
思い浮かんで来ませんか?
 
(青梅市TM 國廣純子)

「コラム」に関連する記事